洋服のリメイクで節約

洋服リメイク節約

着なくなった洋服、人から頂いた洋服など、着ない洋服ってどうしてもでてきます・
洋服は少し手直ししてリメイクしたら驚くほど着易くなったり、
洋服の生地を使って別のものを作ってリメイクしたり、
そのまま捨ててしまう前に、節約のつもりで一度何かに使えないかな?と考えてみています。
ハンドメイドを始めてみたい方も、生地は、普通に購入すると高いですが
洋服のリメイクからチャレンジしてみたら
生地代を浮かせるなどの節約効果もありますね。
節約効果だけでなくリメイクするときどんなふうにすれば・・・と 難しく感じる時もありますが、
使わないものから使える物に自分で作り変えるのはとても楽しい時間になると思います。

スポンサードリンク

洋服を少し手直ししてリメイク

洋服でも、すごく気に入ったものって時々ありますよね。
そんな服は何度も着ますし、それってその洋服がとても体に合っているということだと思います。
そんな洋服に出合えばいうことなしなんですが
洋服ってほとんど既製品なので、自分に合わない細かい部分などが時々あって
手を加えることで、自分が着やすい洋服に作り変えたり、
生地が気に入ったら、別の作品にしてみたり、
まず試着してみてちょっとここは・・・と思うところがあると簡単なところだと
直してみようと思います。失敗してもいただき物の洋服ですし。

袖がきつい場合

袖がきついのでリメイク

パフスリーブのデザインがとてもかわいいワンピでしたが
着てみると、袖のパフ部分がとても窮屈に感じました。
夏用のワンピースは、ふんわり着たいので、
パフスリーブのパイピング処理しているところをはさみで切り取って、
三つ折りに縫い直すだけですっきり着る事ができました。

袖部分が長い

これも夏に着たいのに、少し長めの袖部分。
少し短くして、着やすいように

袖を短くしたい場合、どれくらいの長さに切ればいいかわからない時は、
自分の手持ちの洋服の中でそのリメイクするのに似たものの洋服や
袖の長さの参考になりそうな洋服を出して長さを決めます。

お気に入りのTシャツの首元がよれてきてしまった・

首元の、よれたところをそのまま切り取り、Tシャツに合う色のパイピングテープを
作ってつけてしまう。手作り感満載なので部屋着になります。
また違う雰囲気のTシャツになっていいですよ。

洋服の生地を使って別のものを作るリメイク

洋服としてもう着ないなぁと思うものは市のリサイクルに出したりもしますが
暮らしの中で使うものなどに作り変えたりもします。
程よい大きさに切っておいて
バッグや、小物入れを作ったり、パッチワークしてパッチワークマットを作ったり、
裂き布にしてしまい、丸めておいておけば、
裂き布を使ったものを作る時にも便利です。

消耗品などを作るという手もあります。
私はまだ作った事がないのですが、ショーツや布なプなど、
今は、ネットでもいろんなレシピがあってとても便利です。

最終手段として、ウエスにします。

洋服のリメイクで節約最後に

少し洋裁をしたり好きな方はさまざまなリメイクをされています。
私の回りにもそんな方がいて、どうやって作ったの?などの情報交換をしたり、
図書館などでもさまざまなリメイクの本があるので、それらを参考にして
リメイクしてみてもいいですね。洋服を無駄にしないこと、作り変えることで
買い物したときなどの自分の洋服選びのポイントもまた厳しくなり
(それでも時々失敗はあります)
今回は私のリメイク例をすこしあげてみましたが、これからも、節約のため自分の楽しみの
ため洋服のリメイクを紹介していきたいと思います。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る