新しいアイロン買うときに考えた事

壊れたアイロン

 

アイロンがとうとう壊れてしまいました。15年以上使ったものです。
私の暮らし&ハンドメイドライフを長い間支えてくれていたのですが
スチームがおかしくなったり、接触が悪かったりしたのですが、
今日とうとう、アイロンかけ面に熱が伝わらなくなり壊れてしまいました。
ゆっくりアイロンのことを調べてから購入したいところでしたが、
今日もアイロン使う予定なので、急いで購入しないといけません。
アイロンは性能にあまり大差がないようなので、
自分に合ったアイロンを考えてみました

スポンサードリンク

アイロンを使う用途からどんなアイロンを買うか考えます

家では、ほとんどハンドメイドで使う用途が多く、
布の水通しの後、大きい布をアイロンしたり、
そうかと思えば、パッチワーク用のハギレや、パターンを繋ぐ時に
アイロンしたり、
暮らしの中ではシャツや、エプロン・ハンカチなどなのです

今まで使っていたアイロンは
買った時期もパッチワーク全盛期だったのでコードレスを購入して使っていました。
アイロンかけ面はわりと大きく、少し重い方だったと思います。重さは1.1キロでした
小さいパッチワークのピーシングのアイロンを思えば、小さなアイロンのかけ面の物でも
いいのですが、
大きい布をアイロンするときなどを思うと、そっちの方が、面倒なイメージがあって
アイロンかけ面は大きい方が好みです

ここまで考えて、今まで

コードレスでアイロンのかけ面がなるべく大きい物を探そうと決めて電気店に行くことにしました。

 

電気屋さんのアイロンコーナーで考えたこと

量販店系の電気屋さんに行くといまどきのアイロンが数種類ならんでいました。
やはりシャツのアイロンがけに特化した感じのものも多く、
アイロンかけ面が、アーモンド形っぽくなったり、(前後ろがあまり関係なく動かせる)
先端が出たものなどもありました。(ボタンの部分とかアイロンかけやすそう)
一通り触ってみて重さの感じを確認。

私が探したいたコードレスのものは、アイロン面が小さいものばかりで、
唯一大きいかけ面のものを見つけたのは、ティファールの物で2万位。
仕方ないので、コードレスをあきらめ、アイロンかけ面の広い物にターゲットを変更

丁度、特価価格のティファールがそれらの条件を満たしていたので購入してきました。

↑ ネットで調べてみたら、1万円くらいで思っていたものがある!
ちょっとショックです。。

新しいアイロンを買うときに考えたこと最後に

結局、出かける前と、行った後では、違うものを購入という結果に。
急いでいたのでお店にあるもので購入したので仕方ないのですが、
やっぱり時間があれば、ネットで調べてから購入したかったです。
でも使い出したらコードがあるタイプも早くアイロンかけ面が熱くなって待ち時間が短くてよい感じ

最近のアイロンは、重さもありスチームがガンガンかけれる、ティファールか
軽くて、小さ目、アイロンかけ面が工夫されているメーカーの物と二分してる感じがしました。

ツイートツイート

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る