ピンクッションの中身はコーヒー豆のかすを使っています

ピンクッションの中身

肌寒い日が多くなり、いよいよ秋の気配。久々にコーヒーを自宅でたてました。
コーヒーをたてると本当に良い香りがして落ち着きます。

コーヒーをたてるとでるのがコーヒー豆のかすなんですが
私はコーヒー豆のカスをピンクッションの中身に入れます。

長年パッチワークなどをしていると、針の通りなども気になるようになって、
それをなるべく良い状態にしておきたくて、暮らしの中で出るコーヒー豆のかすを
使うことにしました。

スポンサードリンク

 

ピンクッションの中身によいもの

昔は綿をそのまま入れていたのですが長いこと使っているとサビや
針の通りが悪くなることに気がついてピンクッションの中身は油分がある物がいいらしいと聞きました
コーヒー豆のカスや羊毛 など
ペットの毛などや髪の毛(ちょっとここら辺は抵抗がありますが)
うちは時々珈琲をいれるのでコーヒー豆のかすを使っています

コーヒー豆のかすをピンクッションに入れる

コーヒー豆のかすはよく乾かしてから使います。お天気の良い日に一日
乾きやすいように平にして干しておいてから使います。

布は内布を作り、袋を作り縫い閉じてから、もう一度、好きな生地で
袋を作って2重にしています。コーヒー豆のかすは細かいので、中から出てこないために
一応2重にしておいているんです。

ピンクッションの中身は最後に

ピンクッションの中に入れるものでも私にとって一番手に入り易い素材がコーヒー豆のかすでした。
本当針の通りがとてもいい状態が長続きします。

ハンドメイド好きなお友達にプレゼントしたりするのもいいかな?
喜んでもらえそうです。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る