リンゴのたくさん消費

リンゴ消費

冬の時期になると、うちでは頂き物のリンゴをよくもらったりします。
本当にありがたいことです。
毎年お歳暮時期などなどですが、
その時期に作るリンゴのケーキや、ジャムなどでたくさんのリンゴを使います。

一度にたくさん作るリンゴとヨーグルトのケーキ

リンゴとヨーグルトのケーキ

家族は毎年この時期に作るリンゴとヨーグルトで作るケーキが大好きで毎年作るのですが、
一つのリンゴケーキを作るのに、2個リンゴを使います。

オーブンの天板が3枚あるので、一度に3つのリンゴケーキを作りリンゴを6つ使います。
我が家では3枚焼くので朝食やおやつなどにして2日ほどで食べきります。
作りたてのホットなリンゴケーキも美味しいのですが、次の日になって
冷めたリンゴケーキになるとまた美味しいです。

クックパットなどでも最近ではいろんなレシピがありますが、
私が作っているケーキは昔ネットでみた、レシピで作ったものです。これがすごく作り易く
材料もペーキングパウダーなども使わないし、ほかの材料なども計量カップがあれば作れます
できればそちらにリンクを張って紹介したかったのですが、残念ながらサイト自体がないので、
すごく作り易くおまけに家族に人気のリンゴケーキなので、材料と作り方を簡単に紹介したいと思います。

リンゴとヨーグルトのケーキの作り方

材料 一皿分 (耐熱皿)

リンゴ2個
卵3こ
小麦粉 1カップ
砂糖1カップ(我が家では少し減らして150cc)
無糖ヨーグルト 1カップ
サラダ油 二分の一カップ (100cc)
耐熱の入れ物に、バターを塗りお皿の表面に小麦粉を振りかけます。(バターがない場合サラダ油でも代用できます)

オーブン温度180度 (オーブンを温めておきます)

リンゴ2個の皮をむき8等分していちょう切りにして耐熱皿に入れます。

サラダ油以外の材料を混ぜ合わせ最後にサラダ油を少しずつ入れ混ぜ合わせます。

混ぜたものを耐熱皿に入れ180度30分ほど焼きます。
オーブンの焼き加減がありますので焼き時間は調節してください

家族も大好きリンゴジャム

リンゴジャム作り

そして、この時期作る物のもう一つはリンゴジャムです。
リンゴをこれも皮をむいて8つ切りにして、同量の重さの砂糖で煮詰めます。
レモンがあれば少し入れます。
20分ほど煮詰めて、火を止めて、ミキサーでリンゴをつぶします。

リンゴのたくさん消費最後に

毎年たくさんのリンゴがやってきますが、リンゴジャムも、リンゴケーキも大好きなので
ほとんど消化できています。我が家のリンゴの使い道ですが、
この二つを作ると、家族も喜んでくれて、私も嬉しくなります。

ツイートツイート

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る