ズボンに直接縫い付けてあるゴムの付け替え

ゴムを縫い付けたズボンゴム付け替え

まだまだ使えるズボンなのに、ウエスト部分を直接ゴムを縫い付けてあるズボンだと、ゴムの付け替えを
したことがなく、そのまま処分したり、ウエスなどにしていたのですが、
今回、縫い込んだ部分を取り外し、中のゴムを取って、中に平ゴムを入れてみました。

スポンサードリンク

ズボンにゴムを直接縫いつけてあるズボン付け替えてみた。

まずは縫い付けてある部分をリッパ―を使って切りながら取っていきます。

ゴムを縫い付けたズボン付け替えリッパー
少しずつ糸を切っていって、時にはぶちぶち・・・手の力でと糸を切ったり
(布の様子を見てひっぱってみてます。弱い布だと、布がちぎれてしまうので)

 

スポンサードリンク

大変なのは、直接縫いつけた糸を外すことでした。

ゴムを縫い付けたズボンほどく
ニッパーではなくリッパーです。

 

ゴムを縫い付けたズボンほどく

ウエスト部分のゴムの縫い付けに3本の縫い目がありすべてをはずし取りました。

ズボンのゴムを付けます

ズボンゴム付け替え開け口
平ゴム部分を通すところだけ残して、そのまま縫い代部分を折り縫います。

平ゴムを通します

ズボンゴム付け替え平ゴム

。専用のゴム通しが近くになかったので安全ピンで代用
ズボンゴム付け替え平ゴム

平ゴムを通す部分からゴムを入れ、中でひっくり返らないように気を付けながら安全ピンを

進めて一周させます。

ズボンゴム入れ替え
ゴムの長さを調節してから端同士を縫い合わせました。
ズボンゴム入れ替えポケット部分
ウエスト部分が一本しか縫っていないので、ポケット部分が弱くなりそうだったので、
補強にステッチを入れました。

ズボンに直接縫い付けてあるゴムの付け替え最後に

私自身が手芸が好きで、リメイクもするのが好きなので
本当に素人の付け替えですが、見てくださっている方も、
家にあるこんなズボンをどうにかしたいと思っている方だと思います。

このゴムの付け替えで一番気を使ったのは、ゴムをとる時でした。
リッパーを使って糸を切りながら、糸を外すので、時間がかかります。
時には引っ張って糸を切り裂きながらではないととても時間がかかる作業です。
その場合、布の種類によっては、布が裂けてしまう場合もあるので、
気をつけながら、糸をはずしていきます。

お店などでリフォームに出すとすごくお金がかかるし、でも捨ててしまうには忍びない。

ちょっとしたことですが、このズボンも数年また履けるがうれしいです。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る