パジャマのゴム付け替え

ゴム通し挟み方

パジャマのズボンなどのゴムの付け替えは、100均の平ゴムと、ゴム通しで簡単に
付け替えることができるので、
裁縫箱に常備して入れておくと便利です。

スポンサードリンク

ゴムのコールとは

平ゴム コール

100均で買った平ゴムの袋の後ろ部分にそれぞれ使う用途に分けて
コールという文字が書いていました。
コールってなんだろ?と思い調べてみると、この平ゴムの中に入っているゴムの本数でした。

私が購入したのは8コールの平ゴムです。

ゴムのコールとは 

婦人用・子供用パジャマなどに使えます。
用途によっていろいろ違うようです

ゴムの付け替えに使う道具 ゴム通し

ウエストゴム通し

私がもっているゴム通しは、毛抜きのような形状をしていますが、
ゴムを挟み込むタイプです。
ゴム通し挟み方

先の部分にゴムをはさみ留め金のようなものを先にずらし、

ゴムを動かないように固定します。

あとゴム通しが手元にない場合などは安全ピンなどで代用したりします。

ゴム通し代用

安全ピンにゴムをさしてピンをとめます。

ゴム通し

ゴム通し通し方
伸びたゴムを取ってから新しいゴムを通します。
通し口からゴムを入れて一周させます。

ウエストゴムの処理

一周したら、大体の長さを合わせて切り端を縫い合わせます。
結んでもいいのですが、ごろごろするので、なるべく縫い合わせる方がいいです。

パジャマのゴム付け替え最後に

パジャマのゴムの付け替えは、わりと簡単に付け替えることができます。
ゴムを付け替えることで、まだまだ使えるので
なるべく、付け替えて長く着たいと思い付け替えています。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る