キルティング生地で簡単ビーズクッションのリメイク

花柄 キルティング生地 クッション

我が家ではソファーを置いていません。引っ越してきた当初は
ソファを置いていたのですが、ソファーで寝転がったりする頻度が多く、そのうえ安いソファを
購入するため数年したら壊れてしまい粗大ごみになってしまうため、
リビングにはソファを置かないことにしまいした。

その後役立ってるのが、ビーズクッション。
程よい高さに作り替えているので、楽に座りたい時などに活用しています。

スポンサードリンク

 

キルティング生地で小物を作る。

花柄 キルティング生地

数年前に購入したクッション生地に使われそうなかわいいキルティング生地を購入していたので、
それを使ってビーズクッションのリメイクでまた新たにビーズクッションを作り変えたいと思います。

キルティング生地は、生地と生地の間にキルト芯がはさんで糸で縫いこまれた生地です。
手芸屋さんなどでもよく売っています。
中にキルト芯がはさんでいるため、
丈夫で触った感じも柔らかくよく子供の通園カバンやバッグなどにも作られる生地です。

ビーズクッションをリメイク

ビーズクッション作り替え
ピーズクッションは、クッションの中の綿に当たる部分が、小さなビーズが入っています。

我が家のビーズは発砲スチロールのような素材でできていました。
ビーズクッションを使っているとそのビーズが圧縮されてしまって(かなり前に購入したものなので)
だんだんクッションに厚みみたいなのがなくなってしまい、布の遊び部分が増えてきました。
そのため新しく小さ目のクッションを作り、ビーズ部分を入れ替えて作り替えます。

ビーズは、軽く、でも座ると安定するので、ボックス型のクッションに作り替えました。
花柄 キルティング生地 クッション

キルティング生地で簡単ビーズクッションのリメイク最後に

このクッションは我が家では娘も使っていて、気に入って使ってくれています。
気に入った物はずっと使い続けていきたいし、作り替えることでこれからも使っていけることができます。
前に作った時は、ハーフリネンを使って作りましたが、今回もっと強度を増やしたくて、

キルティング生地を使って作り変えてみました。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る