便利 重箱やランチボックスを包むもの作り

100均 手ぬぐいあずま袋

運動会などでは、朝からお母さんが早起きして頑張ってお弁当作りしますね。

これ本当に大変
頑張って色とりどりのおかずやおにぎりを作り
やっと出来た!の満足感。そして
ランチボックス・重箱・タッパーなどに蓋をして完成

最後に何か包むものと探すと・・・ビニール袋しかなく、
せっかく頑張って作ったお弁当なので、かわいい布で包むものを作りました。

重箱も包むめる風呂敷を作る。

重箱風呂敷手つくり

お気に入りの布を購入したり、手芸屋さんでかわいい布がセールされてたらねらい目です。
四隅を三つ折りにしてぬうだけなので、手縫いでもできます。

風呂敷の作り方

表布 70cmx70cm 1枚用意して三つ折りして縫って作っています。
簡単に出来上がります。
包むもので布の大きさを変えてみてください。

大きいものを包むことがなくなったらそのまま、カバーとして使ったりできます。

タグにスタンプを入れたり、バテンレースを縫い付けてたりしてして
ハンドメイド感を出したりできます。

100均の手ぬぐいであずま袋を作る。

100均 手ぬぐいあずま袋作り方

100均 手ぬぐいあずま袋
こちらは、100均の手ぬぐいで作ったあずま袋です。
ちょうど手ぬぐいのを買ったときに、作り方もついていたので作ってみました。
2か所縫うだけ! 布の始末も最初からされているのでとても簡単に作ることができます。。
手縫いもできますし、結ぶ部分を刺繍糸などでステッチしたりしても可愛いです。

追記・そのままのサイズで作ると、袋になるのですが、中心が合わない袋になります。

あずま袋は、縦1:横3の割合のサイズで作ると綺麗な袋になります。

100均 手ぬぐいあずま袋
もともと和風な感じのかわいい手ぬぐいを使っているので、重箱などを包んでも合います。
普段はそのまま、袋として使うこともできますし、

友達との持ちよりの時、オードブルなどを入れるとビニール袋から出すよりおしゃれでかわいいです。

便利 重箱やランチボックスを包むもの作り最後に

布もの好きだけど、なかなかハンドメイドにチャレンジできない方もいると思いますが、
簡単にまっすぐ縫うだけのこの袋だと手軽にハンドメイドが楽しめます。
レースを縫い付けたり、ステッチしたり、
簡単でしかも、お披露目?のチャンスがあるこの包むもの作り

自分の好きな布で興味あれば作ってみてください

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る