カーディガンのリメイク裾切ってレース付けて

洋服リメイクカーディガン

気に入っていたカーディガン。購入したときは良かったのだけど、
着ていると、この長さが気に入らなくなってほとんど着なくなりました。
なんとなく着ていると違うなぁ~と感じてしまう。
歩いていても違和感感じてもちろんそんなデザインを承知で購入したのですが、
自分が違うな・・・・と思ってしまうと、どうしても着なくなる、
デザインを変えてみて失敗しても嫌だし・・・と思って箪笥の肥し状態。

でも思い切って自分の納得する長さに切ってみることにしました。

スポンサードリンク

リメイクカーディガン、好みの長さにカーディガンのデザインを変えます。

この肩のレース部分やサラっとした着心地もとても良くお気に入りでしたが、
前側がデザイン的に長いんです。好きな人はいいとは思うのですが、

私はあまり好きじゃあないので左右の長い部分を後ろとのバランスを考え

そのままカットしました。

洋服リメイクカーディガン
かなりドレープも入っているので、切ってもあまり切り口が目立ちませんでした。

ミシン糸とミシン針はニット用を使って切った部分は三つ折りにしてミシンで縫いました。
レースリメイクカーディガン
数年前の洋服なので、少しシミもありました。(*_*)
雰囲気があるチュールレースが手元にあったので、それをそのままミシンで縫い付けることにします。

不自然にならないように、汚れていないところもチュールレースを付けてみてバランスをみてつけました

洋服リメイクカーディガン

完成です。

リメイクのためレース部分も取っておく

レースリメイクカーディガン
今回はリメイクして使うことにしていますが、もし着なくなった場合、状態が良ければ
このレース部分も切り取って次のリメイク時にでも役立てれるな。。。と思いました。
今回のように汚れを隠す時に使ったり、小物作りのポイントにもなります。
レースは買うとわりと高価なものも多いしいので洋服から取ることができれば
いろいろな種類のレースを集めることができるしその分合わせやすくなります。

カーディガンのリメイク裾切ってレース付けて最後に

 

今回思い切ってデザインを変えてみて試着してみると前より着やすく良い感じ
チュールレースを使ったリメイクはあまりしたことがなかったのですが、
縫い付ける時もきちんとしつけ縫いしてからミシンでぬいつけまいた。
↑生地がなよなよしてるしレースがずれやすそうだったため

チュールレースをつけてまた違った雰囲気で着ることができます。
形を変えるリメイクははさみを入れる時本当に勇気がいりますが、成功してよかったです。

ツイートツイート

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る