パッチワーク糸について

パッチワーク糸

私は、キルティングや、ピースワークの糸はほぼこのデュアルデューティを使っています。
糸は好みなんでどれがいいか?というのは言えないのですが、
私はメインに使っている糸です。

スポンサードリンク

パッチワーク糸はデュアルデューティを使っています。

パッチワークを縫うときはほとんどこのデュアルデューティ糸を使っています。
このデュアルデューティは、私が行く手芸屋さんでも常備されていて、
セールなどに、少しまとめて購入しています。やはり手に入り易いというのは
ありがたいです。

色も数種類そろっていますが、ほとんど生成りを使っています。
後、ピンク系のキルティングをすることが多いので、キルトの時ピンクの糸を使ったりします。

糸を使った感じはしっかりしていてはりがあり、絡みにくい感じです。
糸には蝋引きされています。
後、糸がしっかりした感じなので、針に糸を通しやすいです。

アップリケの糸

アップリケの糸は、あまりハリのある糸だと、縫った縫目が目立つので、
柔らかい感じの糸を使うようにしています。
アップリケする場合や、ハワイアンキルトなどは、色を合わせて、
モンリッキーの糸を使っていましたがもう廃盤になってるらしく、
代わりに進められるのはデュエットという糸らしいのですが、
私はまだ使ったことがありません。
代用に100均のアップリケの糸を
購入して、色に合わせて使うときは使ったりしています。

手元のモンリッキーの糸が切れたら、デュエットか、ピセの糸も
試してみたいと思います。
ピセは生成りを持っているのですが、アップリケにも向いていそうです。

パッチワーク糸について

糸は本当好みなので、自分の好きな糸を見つけて使うという感じになっています。
私の場合は、デュアルデューティをメインに、アップリケは、
色を合わせ柔らかい感じの糸を使っています。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る