裾上げテープでズボンのすそ上げしてみました。

ズボン裾上げテープ使い方

息子の制服のズボンのすそ上げを手縫いで春にしたばかりだったのですが、
次に夏のズボンを裾上げすることになり、裾上げテープが付属でついていたので、
裾上げしてみることにしました。

スポンサードリンク

裾上げテープ付け方

裾上げテープ

手芸店でもよく置いている、水でぬらして、アイロンして裾上げするタイプのテープです。
なんとなく、使い方はわかるのですが、裾上げテープどちらが上か
下かわかりにくい

裾上げテープ表と裏
結局白い波なみがたくさんある部分にのりが付いていることがわかりました。

裾を上げる予定のズボンを内側に折り
テープの必要分より2.3センチ多めに切ります。
2本作ります。
裾上げテープ水でぬらす
裾上げのテープを水でぬらし絞ります。

裾上げテープ付け方
白いのり部分を下にして、裾上げテープを内側に折り曲げた布端が中心にくるようにおきます。

 

ズボン裾上げテープ使い方
当て布をしてアイロンします。
アイロンの温度の目安は140度から160度とのこと
水分が飛んでない状態で途中経過を見ると、くっついていませんでした。

あまり見直さない方がいいです
 完全に水分が飛ぶまでアイロンしないといけません。

水分が飛んだところで、きっちり裾上げできていました。

 

裾上げテープ失敗したところ。

最初にズボンの長さをみるためにズボンをはいてもらって、
つい外側に折りあげてしまって
そのままテープを付けてしまい一度失敗しました。
一度アイロンでつけてしまってから、裾上げテープを
外すとのりが取れてしまって、もう使えません。

一つのすそ上げテープには、約ズボン一枚分と少し残る程度の
テープしか入ってないので、失敗すると購入しないといけませんつけるときは注意してつけるように
してください。

裾上げテープでズボンを上げてみて・・・・

最初は戸惑いますが、一度使ってみると針を使わずに
裾あげができるので、
縫うのが苦手な方や、すそあげ面倒だなと思う方には便利なテープだと思います。
アイロンで裾上げできるので、男の方にでも簡単にできます。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る