カタン糸ってどんな糸?

アイキャッチ画像

この間、仕事場でカタン糸どこ?と聞かれあたふたしてしまいました。
カタン糸って最近ではあまり聞きなれないですよね。
私も、カタン糸の存在は知ってたのですが、どんなものかよく知らなくて、
調べてみると、コットン・綿 100パーセントでできた糸。

なのでカタン糸を探す時、カタン糸がない場合などは、コットン100パーセントの糸が
あればそれを使うといいそうです。

スポンサードリンク

ミシン糸のメインはポリエステル100パーセントの糸。

糸の素材まであまり気にしたことがありませんでしたが、
今仕事場に置いているミシン糸のメインはポリエステル100パーセントのシャッペスパンです。
もちろんほかにもありますが、(#^^#)

ミシン用の糸としてできてるこの糸は、使いやすく、色も種類が多く、
生地の微妙な色にかなり近く合わせる事ができます。

それでも需要のあるカタン糸

昔ながらのカタン糸はご年配の方などが昔ながらに使ってたり、
カタン糸はコットン100パーセントなので、素材にこだわる方が使ってるのかな?と推測したり。
赤ちゃん服とか小物作ったりするときとか。
やはり体に触れる部分なんで、コットン100パーセントは魅力なのかも。
こうやって見方を変えると興味深いです。

カタン糸ってどんな糸最後に

今のご時世ではポリエステル100パーセントメインのところに
あえてカタン糸を使うというのは何か、こだわりがあるように思います。
カタン糸は、普通のミシンソーイングなどには、糸の強度がポリエステル100パーセントより
弱いらしいので。あまり向かないかな?と思いましたが、
手縫いなど素材にこだわりを持つ場合にはおすすめかもですね。
今までカタン糸について詳しく知らずにいましたが、思わぬ事でいろいろ勉強になりました。

ツイートツイート

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る