パッチワークシュシュ製図と型紙と作り方

パッチワークシュシュ作り

もともとパッチワークの小物がすきなので、簡単に身の回りのアクセサリーになる
シュシュをパッチワークでもよく作ります。

 

そのままのかわいいお気に入りの生地で作るシュシュもいいのですが、
自分好みの色合わせを考えながら作る自分だけのシュシュはとても
簡単なのに作り甲斐があります。

たのしむキルトノートでも作り方を公開していますが、
こちらでもパッチワークシュシュの作り方や今まで作った作品などをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

パッチワークシュシュを簡単に作るための製図と、型紙

パッチワークシュシュ製図・型紙
私の作るパッチワークシュシュは10センチ幅の長さが50センチの大きさのものを定番として作っています。
この大きさで一つの生地を使ってシュシュを作ったり、
リバティや、ローラアシュレイなどの高級な生地で作ってもまた良い感じです。
(ちなみにリバティは、コラボ以外の生地の販売は大丈夫みたいですが、
ローラアシュレイの生地で作った作品の販売はだめみたいです。)

パッチワークシュシュの作り方

型紙にを作り、パッチワークの色合わせをしながら布を選び、縫い代つけて裁断して縫い合わせます。
最後に端同士を縫い合わせ輪にします。
余分な縫い代があればこのとき5ミリほどに切りそろえておきます。
パッチワークシュシュ作り方
①を内側に折り畳み、②を重ね合わせます。
パッチワークシュシュ作り方
布端を印に合わせて縫ってきます。下まできたら、また布を引っ張りながら布端を合わせて縫っていきます。

パッチワークシュシュ作り方
縫いはじめのところまで戻ってきたら4cmほど開けておきます。

パッチワークシュシュ作り方

パッチワークシュシュ
あけておいたところから布を表返し、平ゴムを入れて結んで、表返したところを縫い閉じたら完成です。

今まで作ってきたパッチワークシュシュの紹介

チュールレースを使ったシュシュ
少し雰囲気を変えたくて、チュールレースを無地の布の上にしつけしてから、縫い合わせています。

パッチワークシュシュ作り
やっぱり花柄でのパッチワークシュシュが好きです。レースを挟んでもかわいいです。

パッチワークシュシュ製図と型紙と作り方最後に

友達へのプレゼントや、手作り販売・バザーにでも、使えるパッチワークシュシュ
シュシュといえば、手作り小物の代表のようにもなっていますね。
私はミシンでいつも作るのですが、手縫いでも簡単に作ることができて、
簡単だし使い勝手がいいのでこれからも時々作りたいと思います。

ツイートツイート

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る