アンティーク風アルファベットスタンプで素敵なオリジナルタグを作ろう。

アルファベットスタンプリネン

ハンドメイドで作品の締めでよく使うものの一つが、スタンプしたタグです。
今回は数年前から使っている、アンティーク風のアルファベットスタンプをご紹介したいと思います。
流行りすたりがなく、手元に置いておきたいアイテムです。

アルファベットスタンプ

手に入れたの覚えてないくらい前にこのスタンプを手に入れました。

これはゴム印部分と、木の部分が別で、木の部分にはスタンプを押して
ゴム印部分はクッション性のある両面テープでハンコ部分を張り付けています。

スポンサードリンク

 

アンティーク風アルファベットスタンプの使い道

アルファベットタグ 風呂敷

アルファベットタグ 風呂敷
まずアンティーク風アルファベットは一つつけるだけで、作った作品の雰囲気がとても自分の好みになるので、
作品の仕上げとしてよく使います。身の回りのバック作りや、鍋敷きなどよく作るのですが、そんな時も
好きなアルファベットスタンプを使います。

親しい友達に布物の手作りのプレゼントをするときに、イニシャルを入れてプレゼントしても喜ばれますし、
手作りのおくるみや、スタイを作って出産祝いにお子さんのイニシャルを入れてあげてもかわいいです。

私は時々手作り作品を販売することもあるのですが、アルファベットイニシャルがあるとスタンプのバリエーションも
豊富で、タグを作る置きしたりしています。

アンティーク風アルファベットスタンプの良さ

布スタンプ

一つ一つ字体が違い凝っているデザインなので、存在感があり手作り作品のタグとしてよく使っています。
手芸道具の副資材としても役立ってくれますが、デザインがかわいいので、
スタンプの持ち手が木製だとお部屋のインテリアとしても使えますね。
アンティーク風なので、流行りすたりもなくて良いです。

 

スタンプするとき気を付けたい事。

私はほぼスタンプはハンドメイドタグを作るのに使っています。素材は布か革が多いです。
使う素材によって、インクやスタンプの仕方も違ってきますので、いつもしている方法をご紹介します。

布にスタンプするときは、

スタンプ仕方
布に使えるインクを使用し、
インクはスタンプを下に置き、ポンポンなじませる感じでつけています。

上からスタンプをインクに押さえつけると他のところにもインクが付いてしまう場合を防いでくれます。

布にスタンプを丁寧に押してから、スタンプしたところを当て布をしてアイロンします。(色落ち防止ですね。)
さましてから出来上がりです。

 

 

 

革にスタンプする時は、

革に使えるインクを用意します。
革のスタンプはインク面が少し布用よりしっかりしているので、
普通にスタンプをポ上からンポンと軽く少しずつインクをなじませる感じでインクを付けています。
押す前に文字以外のところに、インクが付いていないか確認してから、
それから革に直接スタンプします。
乾かして出来上がり。

革スタンプ

革のタグは小物作りにも大活躍です。

 

最後にどちらのインクを使っても専用のクリーナーでスタンプを綺麗に拭いておいてくださいね。

 

アンティーク風アルファベットスタンプで素敵なオリジナルタグを作ろう最後に。

ずっと前に手に入れたアルファベットスタンプは今でも手作りするときに傍に置いています。
気に入ったスタンプは、、スタンプを使った時に予備に作りためておくと時間の節約にもなります。
これからもたくさん使おうと思います。

楽しむキルトノートからの加筆修正

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る