レジン作り初期の作品も残しておこうと思います。

初めてのレジン小物

これからレジン続けていくなら、レジン小物をどんどん作っていきますが、
レジンを始めた頃の作品も暮らしとハンドメイドの方で置いておきたいので、
アップします。

スポンサードリンク

レジン作り最初のきっかけは2012年の春

2012年 3月
アクセサリー&コラージュという本の中にキットが入っていたので、
それを娘と一緒に作ってます。左が私が作ったレジンで、右が娘
初めてのレジン小物

2013年 4月に
お友達がレジンで小物を作って販売をしているのですが、その友達のところに遊びに行くと
レジン小物作ってみる?と声をかけてもらい、
ドライフラワーを使ったレジン小物作りを体験。

レジン髪留め

142

型にレジン液を入れてドライフラワーを入れて、つまようじで空気を抜いて。。。と
教えてもらって作ったのですが、ここではまりそうになりますが、そのままに。
なんとなく、入り込めなかった感があります。

それからレジン小物には触らずだいぶ月日が過ぎて、

今年はレジンボックスも購入してまた制作開始

ハンコをつけておくリールキーホルダーにもレジンしたりもしてます。
これはオリジナルで適当に作ったのですが、難しかった~。
リールキーホルダーもレジン用でもなんでもない市販のものだったので。。。

二つリールキーホルダー用意していたのですが、一つは失敗。
回りにマスキングテープを巻いて、レジンを入れたのですが、
横からレジン液がはみでてきて出来上がりがいびつになってしまいまいた。

二つ目はそれを踏まえて、やっと使えるものが完成。
リールキーホルダー

楽天ではデコ用のリールキーホルダーがあります。

レジン作り初期の作品も残しておこうと思います最後に。

こうやってみると、最初にレジンに触れたのは、4年ほど前になります。
この4年ほどで、レジンの資材も増えて、ペンダントトップや、シリコン型に入れるだけだった、
レジン小物が、より、ビジュー(フランス語で宝石)アクセサリーっぽく、進化してきています。

本当、すごいかわいいしこんなアクセサリーなら手作りしてみたいと思えます。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る