四角パッチで座布団カバー作ってます

四角パッチ座布団

ちょっとスランプ気味・・・という記事を書いてからですが、
パッチワークの作りかけがあったので、仕上げようかと思いだしてきました。

スポンサードリンク

作り置き四角パッチで小物を作る。

四角パッチ縫い方

小さいはぎれはどんどんたまってくるので、何も考えずに作れる四角パッチ

決めた大きさの型紙を作っておいて、、はぎれができれば縫うラインを書いて、
どんどん缶の中にためていき、四角パッチを作っておいておきます。
これは、いろんな作品作りに使えますのでテレビ見ながらでも作れるので、
重宝しています。

四角パッチの作り方 

普段使う座布団カバーが古くなったので、座布団カバーを作り直します。

 

四角パッチ座布団

四角パッチをつなげキルト芯・当て布をつけ、キルティング。
四角パッチキルティング
キルティングは、四角の対角線上にチャコペンなどでラインを引かずに
キルティングライン入れています。
四角パッチのキルティングでよく使うキルティングラインです。
キルティング久々ですが、なんだか、指が痛いシンブル合ってないのかな

仕上げはまだですが、周りにバイアステープを縫い付けてファスナーを付けて、洗い替えできるようにしてみます。

四角パッチで座布団カバー作ってます最後に

私はキルティングも好きなので、
よく冬場は大きい作品のキルティングをするのが冬到来!という気分になってました。
このままスランプ脱出できたらいいのですが。笑

パッチワークキルトは、表布・裏布・キルト芯を挟んで、一緒に縫っていくので、
とても、丈夫になります。
摩擦の多い、座布団カバーにもぴったりです。
この四角パッチは本当いろいろ小物などが作れるので便利です。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る