布の裁断で失敗しないように気を付ける事

布裁断気をつける事

布を購入して、裁断で失敗したことが何度かありました。
はさみで切ってしまうので、切ってしまったらもうかなりへこみます。
私の布裁断の失敗経験談を交えて記事にしたいと思います。

スポンサードリンク

布を切っていると生地下で重なってしまっていた布まで切ってしまった。

大きい生地を切る場合手で持ちながら切ると、下になった生地まで切ってしまったことが
ありました。
大きいものを裁断する場所は、布を広げれる広い場所。大きなテーブルや、床などに
広げて手で持ち上げず、はさみをテーブルにそわして切るようにしています。
布裁断気をつける事

裁断での失敗を防ぐ

ソーイングの場合、型紙を布の上に配置し、布が足りるか、確認してから
裁断するようにします。
縫い代の量も場所によって多いところもあるので気をつけます、。
布がずれないように型紙と布にマチバリをうち
手で押さえ(カメラを持っていたため、重しで型紙を押さえています)
裁断するとき布を動かさず体を移動させ裁断するようにします。

布に柄があり、上下がある時は気をつける。

布の柄に上下などがない場合は良いのですが、ある場合
布の柄によって、型紙を置く場所も違ってくる場合もあるので、
その分も計算に入れて、布を購入し、配置します。

考えずに購入してしまい、切ってから、足りない。。。という失敗はないように。

 

どれくらい縫い代を取るか、きちんと確認する。

作る作品や本によって、どの部分に縫い代をつけるかなど違ってきます。

縫い代がない場合(縫い代込み)縫い代が表示されているところ以外、表示されていないところは1cmです。とか
いろいろです。きちんと表示を確認してから、裁断するようにすると失敗もすくないと思います。

布の裁断で失敗しないように気を付ける事最後に

布の裁断の失敗は下手をすれば、作りたいものもその生地で作れなくなり、
再度購入と残念なことになるか、作りたい気持ちも失ってしまう可能性もありますので、
注意しながら裁断しています。

これからも、気が付いたことがあったら記事に書き加えたいと思います。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る