ミシンの始末 ジグザグ縫い縫い方

ミシン布端処理 ジグザグ縫い

布端の処理によくソーイングの本にも出てくるジグザグ縫いの縫い方です。
布の始末としてや、ちょっとした飾り縫いなどに使うことがあります。

数年前に洋裁を習っていた時に購入したロックミシンも我が家にはあるのですが
ロックミシンを使うこともあったのですが、最近では布小物を作ることが多く
自宅用がほとんどなのでジグザグ縫いで縫い代の始末をしています。

ミシンによって違うと思いますが、
私が使っているミシンだと幅が5mmほどと2mmほどがあり選ぶことができます。

スポンサードリンク

布の始末としてのジグザグ縫い

ミシン布端処理 ジグザグ縫い
布端がほつれないようにしたいので、5mm幅を使い縫います。
左右に針が動きながら進みます。外側に針がきたとき針を布からぎりぎり布端から落としぬいます。。
ミシン布端処理 ジグザグ縫い
横から見ると、糸が布をかがってくれている感じです。
今回は、2枚を一度にジグザグ縫いしていますが、

縫い代を割って縫う場合などは、一枚一枚ジグザグ縫いしてください。

ジグザグ縫いは薄い布一枚などでは糸が巻き込んでしまう場合もあり、
布によって、使いにくいものもあります。
試し縫いを一度してから縫うようにしてください

飾り縫い ジグザグ縫い

ミシン布端処理 ジグザグ縫い
飾り縫い替わりにジグザグ縫いを使うこともあります。

糸を縫う生地と違う色にして、縫ったところを目立たせ、
簡単にちょっとしたポイントになります。
これは布巾を作ったのですが、三つ折りにしてジグザグ縫いで
縫い付けました。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る