ズボンが破れたので接着芯入れて補修

ズボン破れ補修 縫い付け

旦那の作業ズボンのポケット部分が破れてたので補修してみました。
作業ズボン系の生地は少し厚地の生地で作られているので、なかなか破れたりしないのですが、
さすがに、何度も洗濯していたり、ひっかいた傷などで少しずつ傷が大きくなったりして、でも
その部分を補修すれば全然まだ着れます。

スポンサードリンク

かぎざきにズボンがやぶれました。

ズボン破れ補修仕方
今回はズボンポケット近くがかぎざきができてしまっています。
かぎざきとは、釘などに引っかかってかぎなりにさけたり破れたりすることです。
見た目が鍵の形に似ているのでそう呼ぶそうなんですが、
うちはたぶん木に引っ掛けた感じ。

今回は接着芯を当て布替わりにして補修してみたいと思います。

ズボン破れ補修 接着芯
破れより一回り大きく手持ちの薄手の接着芯をカットして、
アイロンで裏から貼りつけます。

使う接着芯は、不織布でできたものではなく、布タイプの方がいいです。
今回家にあったのは、不織布があったので使っていますが、
洗濯したりすると不織布だと強度がいまいちだと思います。

ズボン破れ補修
表を見ると、接着芯で固定された感じ。
でもこのままでは洗濯に耐えることができません。

ズボンの表から手縫い糸で細かく縫いかがっていきます。
縫い糸の色は合わせてください。
ズボン破れ補修 縫い付け
裏からみたら、接着芯が少し大きめだったので、
かぎなりに形を合わせて接着芯をカットした方がよかったなぁと少し後悔。
四角部分の四隅少し気になるので、四隅を縫い止めました。
ズボン破れ補修仕方

ズボンが破れたので接着芯入れて補修 最後に

ズボン破れ補修
完成。これでもうしばらく着てもらえそうです。
このような、補修は、裏から布を当ててミシンで縫いこんで
子供のズボンなどはよくしていたのですが、
接着芯だとアイロンで補強部分の布がくっつくのが楽でいいなと思います。
ミシンを使わずできるのも面倒がなくていいです。
今回は手持ちの接着芯を使いましたが、補修用テープも使いやすそうですね。

 

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る