パッチワークレッスンかわいい毎日のキルト 

こうの早苗さんの本

こうの早苗のよくわかるパッチワークレッスン かわいい毎日のキルト

こうの早苗さんの2014年1月の新刊のもうひとつの本の紹介です。
可愛い毎日のキルト。
もう一つの本もバッグが表紙だったのですが、
こちらはパッチワークレッスン的要素が大きい本でした。

スポンサードリンク

初心者さん向けパッチワークレッスン

こうの早苗さんの本

パッチワークの基本が詰まった本です。
こうの早苗さんはよく四角パッチを基本にした作品を作られるのですが、
初心者さんにも道具の紹介から、ちょっとした使い方、縫い方などが丁寧に紹介されています。

ちょっと驚いたのはしつけをかける順番まで番号がふってました。
こまやかな説明で、私も基本をまた確認したり、思い出したり、新しい方法を知ったりできました。

縫う・かがる・まつる

縫うでは、四角パッチと、ログキャビンのパターンを使い、
かがるではヘキサゴン(六角形)ひし形・スプールなどペーパーライナー法で
まつるではアップリケ・ブロードリーパースなどを作ります。

ブロードリーパース

今回はじめてこの名前を目にしたのですが、
プリントした柄に沿って布を切り取りアップリケをブロードリーパースというらしい。
今まで見たこともありましがこんな名前がついているのを初めて知りました。

まとめ 可愛い毎日のキルト

初心者さんにも十分楽しめる本だと思いました。
もちろん私も楽しめました。
これからもキルトを続けていきたいと思っているので、
こうの早苗さんの大人っぽい色合わせや、布の使い方など、
とても好きだし勉強になりました。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る