簡単汚れた服をレースでリメイク

リメイク レース縫い付け方

洋服ってすごく気に入ったものが数着あって、もう何年も着ていても飽きないものも
あるのですが、そんな服ほど、ちょっとした汚れを作ってしまい着るのに少し躊躇したりとります

洋服によってできない場合もありますが、
簡単なレースをつけるリメイクで汚れを隠してこれからも着る事ができます。
簡単だしお勧めです

スポンサードリンク

簡単レースでのリメイク方法

リメイク服 レースコツ
まず汚れた場所に、レースをつけるのですが、少し気をつけていることがあります。
洋服とレースのバランス洋服にレースをつけて少しでも違和感がないように、
色や、レースをつける長さ、レースの幅などを雰囲気に合わせるようにしています

レースの模様

繊細なレース ピコット
レースの模様はとてもキレイなので方向も考えておきます。
ピコット側を上に配置するか、下に配置するか自分が好きだなと思う方に置きます。
両側の縫い代部分は、レースがはみ出ないように、折り込み待ち針で留めます。

洋服全体のバランスを見ます

出来上がりの雰囲気が見れるので、できればハンガーなどに掛けて
客観的に全体のバランスを見るといいと思います、

レースをたてまつりで縫い付けます

リメイク レース縫い付け方
レースの模様に合わせてたてまつりでぐるり一周縫い付けていきます。
ミシンでも縫えますが、ちょっとした布の調整などもできるので手縫いの方が
私は好きです。

リメイク服汚れを隠す

他の洋服でもレースを縫い付けてリメイクしています。
これは一か所の汚れだったのですが、全体を見て、レースを増やして2か所つけました。

リメイク服 汚れを隠す

まとめ

レースでリメイクした服はわりと部屋着にしちゃってるのですが、捨てるほどでは
ないけれど、汚れたままで着るのはちょっと着るたびに残念な気持ちになったりします。
洋服によってレースと合わない服もありますが、
気に入っていた洋服がリメイクによって蘇ってくれると、
本当にうれしい。リメイクの魅力ですね。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る