パッチワークの縫い方基本

四角パッチ縫い方

あまりハンドメイドなどをしない人でも、ちょっとしたハギレなどを
小さな小物に作りたいなぁと思う人もいると思います。
本格的に、パッチワークというより、ちょっとやってみたい方に
家にある洋服などで手縫いで縫い合わせてみたいけど・・・など
縫う基本を紹介してみたいと思います。

スポンサードリンク

針と糸の使い方

糸は縫い糸を使います。
糸の長さは、あまり長すぎると、からまる場合があるので針に糸を
通し肘の長さほどの糸を残します。
糸は2重にはしなくてもよくて1重で大丈夫です。
糸は、色を合わせえて縫い糸を使います。
間違えてしつけ糸は使わないこと。
(しつけ糸はしつけをするための糸で、普通の糸より弱く、
引っ張ると切れます)
糸も、縫い針を使うこと。長いしつけ針で縫うと縫いにくです

ハギレを縫い合わせる時の基本の縫い方

なみ縫い

なみ縫い

なみ縫いではぎれは縫い合わせます、縫うはじめと終わりは返し縫いは忘れないようにします。
返し縫いをしないで縫うと、ほつれてしまう場合があるからです。
なみ縫いは2ミリほどの間隔で縫っています。

玉結び作り方

玉結び
針に糸を2.3周まきつけ親指と使途差し指で押さえながら下に引き下げます
縫う前 玉結び

玉止め仕方

縫い終わり 玉止め
縫い終わりにの場所に針を置き、針に。2.3周糸をしっかり巻き付けます。
親指で押さえながら引きます。

縫い終わり 玉止め
玉止め完成

四角パッチの縫い方

四角パッチ縫い方
印のついた布を2枚かさね端から待ち針をうちます。
縫いはじめは返し縫いしてから、なみ縫いします。
端まできたら、返し縫いして玉止めします

四角パッチ縫い方
2枚繋いだものをもう一枚作り、
二つを繋げ四角パッチにします。
縫い代は針をくぐらせて縫い進めます。
縫ったら、余分な縫い代は5ミリほどにカットします。
一方方向に縫い代を倒し(風車)アイロンします。

四角パッチ縫い方

最後に

パッチワークの四角パッチが縫えたら縫いためて、小さなマットも作れますし、
タペストリーなどの作品も作れて便利です。
縫うところも、まっすぐなので縫いやすいですし、四角パッチはかわいいパターンなので
作りためるのも楽しいです。また四角パッチを繋いだ作品も紹介したいと思います。
縫い方もいろいろ方法はあると思いますが、今回はこんな感じで紹介してみました。

ツイートツイート

ページ上部へ戻る