ジャージズボン手縫いで穴ふさぎ

ニット用糸を使う

子供が小さい時はよくズボンに穴を開けてしまいます。
普通のズボンなら、ミシンで当て布をして穴をふさぐのですが
今回はジャージ生地なのでズボンの素材を考えると
ミシンで縫い付けないで手縫いでズボンの穴を塞いだので紹介します

スポンサードリンク

手縫いでズボンの穴をふさぐ

用意した当て布ですががTシャツ生地をウエスに切ったものがあったので
ズボンの生地の色に合わせて、暗い色の生地を用意しました
当て布

糸は、ニット用のミシン糸があったのでそれを使っています。
ニット用糸を使う
レジロンの糸を使っています。普通のミシン糸と少し違って、ひっぱると少し伸びます。

ジャージ生地ズボン手縫いで穴をふさぎ

ズボンに穴当て布
穴が開いたズボン。
小さい穴ですが気になります。

ズボンに穴当て布
ズボンをひっくり返して当て布をして、穴の開いた部分の回りを縫い、
当て布も布端をたてまつりでまつりました。
ズボン穴当て布
表から見た感じ
見た目が少しいまいちですが、
穴はふさがりました。

最後に

今回はジャージ生地のズボンの穴を閉じたので、
糸は、手持ちのニット用のミシン糸と、当て布はニット生地を使って、
裏側から縫い、当て布もたてまつりでまつって縫い付けています。

ツイートツイート

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る