暮らしの中での縫い方いろいろ

暮らしの中で洋服を繕ったり、リメイクしたり
そんな時に、ぜひ覚えておきたい縫い方など

スポンサードリンク

ぐし縫い・なみ縫い

なみ縫い・ぐし縫い

布同士を縫い合わせる時に使う、ぐし縫いとなみ縫いです。
どちらも同じ縫い方なのですが、ぐし縫いは、1縫いに 2ミリほどの間隔で縫い進め
なみ縫いは、3.4ミリほどの間隔で縫い進めます。

ちょっとした縫い物やパッチワークなどは間隔的に、ぐし縫い(2mm)
雑巾などを手縫いで縫う場合はどはなみ縫い(3.4mm)間隔で縫う感じです。

縫うものによってさまざまに変化しますが、
縫うときは均等に縫うこととまっすぐ縫うことを心掛けて縫うようにしています。

 

たてまつりと流しまつり

たてまつり
たてまつり縫い

たてまつり縫い方

たてまつりやり方

たてまつり縫い

パッチワークのパイピング処理などによく使います。

ながしまつり
流しまつりしかた

流しまつり縫い方

洋服などがほつれたりしたら、かなりの確率で流しまつりで直したりします。
流しまつりは、表から、その縫目が小さくて目立たないため
補修などによく流しまつりを使ってます

 

 

ボタンつけ

ボタンつけ方 ボタンつけ方

糸は、二本どりにし、ボタンの穴と布に3・4かいほどくぐらせます。
布とボタンの間を、ボタンの根元部分をしっかりさせるため
3周ほど糸で巻き付けます
ボタンつけ方画像

裏で玉止めします。このボタンと布の間の隙間を作ることで

ぼたんをかけたとき丁度よいかんじになります。

暮らしの中での縫い方いろいろ最後に

縫うものによって縫い方はいろいろありますが、
基本的な縫い方を覚えておけば、
ちょっとした繕いものや、リメイクなどにとても役立ちます。
他にもいろいろな縫い方がありますが、思いついたものを並べてみました。

 

 

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る