まつり縫い縫い方 スカートやズボンの裾上げなど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
たてまつり縫い方

ズボンやスカートなどはよく裾がほつれる事があったりするときや、
スカートやズボンの裾上げなどに縫う縫い方
まつり縫いもしくは流しまつりといいます。

スポンサードリンク

まつりぬい・ながしまつり縫い方

まつり縫い縫い方

まつり縫い縫い始めは、玉結びをしてから、縫い代の裏から針を出します。

まつり縫い 針の動き

② 3~5ミリ先の表の繊維2,3本をすくい、
③ 3~5ミリ先の縫い代の裏から表に針を出します。

まつり縫い針の動き図

針の動きは、小さい山もしくは三角をイメージして均等に縫い進めます。

 

まつり縫い

そのまま縫い進めていきます。

まつり縫い最後

最後は玉結びで終わります。

表から見たら、目立たない縫い目になっています。

ズボンやスカートの裾上げなどは、縫い目が目立たないように、縫うものの色に

合わせて縫ってください。

 

流しまつりしかた

流しまつり縫い方

少し大き目なまつり縫い。

まつり縫い動画

スポンサードリンク

まつり縫い最後に。

まつり縫いは、ズボンや、スカートの裾上げなどでよく使われる縫い方です。

表側に縫い目が目立たない縫い方を紹介しました。

*関連リンク* ロングスカートの裾上げ

*関連リンク* 学生ズボンのすそ直し

 

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る