Nuinui 暮らしとハンドメイド
暮らしの中のパッチワークやハンドメイドなど
手縫い縫い方

ぐし縫い・なみ縫い

ぐし縫い

暮らしの中で洋服を繕ったり、リメイクしたり
そんな時に、ぜひ覚えておきたい縫い方など
基本のぐし縫い・なみ縫いの紹介です。

スポンサードリンク

ぐし縫い・なみ縫い

ぐし縫い

布同士を縫い合わせる時に使ったりする、ぐし縫いとなみ縫いです。

ギャザーを寄せるときなどにもぐし縫いで縫います。

どちらも同じ縫い方です

ぐし縫いは、2ミリほどの間隔で縫い進め
なみ縫いは、3.4ミリほどの間隔で縫い進めます。

私の場合ちょっとした縫い物やパッチワークなどは間隔的に、2ミリくらいで縫いますので、ぐし縫い

雑巾などを手縫いで縫う場合はどはなみ縫い(3.4mm)間隔で縫うという感じです。

ぐし縫い綺麗に縫うコツ

ぐし縫い

ほぼ縫う間隔は2ミリ間隔くらいで縫うように意識して縫っています。

縫う人の手にもよると思いますが、縫う間隔は、それぞれでいいとは思うのですが、
その間隔をなるべく揃えて縫う方が綺麗に見えます。

運針するときに、2.3針刺した時に、見えている針と、布部分が同じ間隔になるように目安を付けています。

縫った時に糸こきも忘れずに。
糸こき

ぐし縫いを縫ったときに、生地にしわが寄るので、親指と人差し指で生地を伸ばし自然な状態
にすることです。あまりきつくすると、糸がたわむ感じになるので、気をつけてください。

ぐし縫い動画

ぐし縫いの動画を撮ってみました。

参考程度に見てみてください。糸こきも縫うたびにしているので、

動画の方がわかりやすいかもです。

ぐし縫い・なみ縫い最後に

どちらも縫い方が同じなので
縫うときは均等に縫うこととまっすぐ縫うことを心掛けて縫うようにしています。
まっすぐ縫うには、縫う線などを引くと綺麗に縫えますね