ペットボトルのふたでピンクッション作り

ペットボトルの蓋ピンクッション

ペットボトルのふたをリメイクしてピンクッションを作りました。
私のピンクッションは、中にコーヒー豆のかすを入れるので、
中に入れる時は、簡単に、四角に縫ってから入れています。

スポンサードリンク

ペットボトルのふたでピンクッション作りの材料

ペットボトルの蓋ピンクッション材料

ペットボトルのふた
革(はがわ)
コーヒー豆のかす(よく乾かしたもの)

ハギレ
両面テープ(1.5ミリの幅のものを使っています)

糸と針を用意。

ペットボトルのふたでピンクッションの作り方

 

革 両面テープ春貼る

ペットボトルのふたの底面を革に写して、切っておきます。
革を幅、1・6センチ×10.5センチほどに切ります。
(スタンプをしてもかわいいです。スタンプの仕損じなども再利用できます)
切った革に両面テープをはりつけます。

革にスタンプ布小物

インクはステイズオンのインクを使っています。滲みにくく革のスタンプに最適です。
【メール便OK!】ステイズオンインク(アイロン定着不要)

 

 

ペットボトルの蓋リメイク

ペットボトルの蓋底に革を貼り付けます。

次に側面部分を貼り付けます。両面テープが付いていない1ミリ部分を上にします。

巻きつけた革が余ったらカットします。

ペットボトル ピンクッション

両面テープで付けるので手軽に付けることができます。

ピンクッション部分を作ります。

ピンクッションにコーヒー豆のカスを入れるので、はぎれは2重に袋縫いします。
はぎれの大きさは5センチ×10センチ 2枚用意します。

ピンクッション縫い方
まず、内布を縫います。布を わ にして

コーヒー豆のかすを入れ縫い閉じます(4グラムほど入れました)

 

ピンクッション作り

表側になる布も縫います。中表にして内側5ミリほどをぐし縫いしあけ口をあけて

表返します。

 

ピンクッション作り

最初に縫ったコーヒー豆のカスの入った袋を中に入れます。

 

ピンクッション作り

縫い閉じます。

 

小さいピンクッション

四隅を軽く糸で引っ張り縫います。

ペットボトルの蓋 ピンクッション作り

ペットボトルのキャップに押し入れます。

取れないように、キャップの蓋の底に両面テープをはりつけておく方がよいです。

ペットボトルの蓋ピンクッション

両面テープが付いていない側の部分を内側に押し加減にして、

ペットボトルのキャップが見えないようにします。

 

ペットボトルの蓋ピンクッション

 

ペットボトルのふたでピンクッション作り最後に

私は革を使った作品も好きなので、今回はペットボトルのふたに簡単に
革を両面テープではりつけ、クラフト感覚で作ってみました。

ペットボトルのプラスチック部分がなるべく見えないように、しています。
子供に見せると、最初、ペットボトルのふたで作ったものだと気が付いていませんでした。
出来上がった感じもとてもかわいく、くるみのピンクッションに少し雰囲気が
似ていて、ちょっとした飾りなどにも使えそうです。

 

関連記事

おすすめ記事

ページ上部へ戻る