裁縫上手スティックで簡単クッション作り

裁縫上手ステック簡単クッション作り

裁縫上手はここ数年で、発売された布用ボンドなんですが、布同士をつなげるのに

とても便利なボンドです。

今回は、この間簡単クッションをミシンで作ったときに、ぜひ一度作ってみたかった

裁縫上手でクッションを作って、裁縫上手の便利さ、使った感じ強度なども、確認してみたいと思います。

*関連リンク* ファスナーなし簡単クッションカバー作り方

スポンサードリンク

裁縫上手での簡単クッション作り方

材料.用意するもの

  • 布 110センチ幅×50cm
  • 40センチ角のクッション
  • 裁縫上手スティック
  • ハサミ
  • アイロン

 

QEES ヌードクッション  抱き枕 ふわふわ 中材 中身 背当て 単品 肉厚 洗える  (40×40)

布をカットします。

裁縫上手ステックでクッション1

40センチのクッションを使うので縦の長さは、43センチ横は95㎝で切ります。

裁縫上手を使うので少し縦の長さを多めに取っています。

横の布端をを三つ折りします。

横の短いほう両端に裁縫上手を1cmほど塗ります。アイロンして1cm両側内側に折ります。

使った感じはほぼスティックノリです。簡単に使えます。

 

もう一度、折ったところに裁縫上手を塗ります。さらに内側にアイロンで押さえます。

両端三つ折り完成。

裁縫上手ステック クッション作り方

布を真ん中で折って印をつけます。

左右中心から20センチのところに印をつけます。

裁縫上手ステック クッション作り方

裁縫上手ステック クッション作り方

中心から印をつけた20センチのところで折ってアイロンをかける。

裁縫上手ステック クッション作り方

反対側も中心からピンクのところに裁縫上手を塗ります。

裁縫上手ステック クッション作り方

反対側も20センチのところで、折りアイロンをかけます。

綺麗にくっついたら、上下は、ボンドでくっついているので、ハサミで切りそろえるだけで布の始末もなしです。

裁縫上手ステック クッション作り方

表返します。クッションを入れますが、なるべく時間をおいてからクッションを入れたほうがいいです.

もしすぐ入れる場合でも、入れる時に、かなり気を使って圧が掛からないように、入れていきます

裁縫上手ステック クッション作り方

出来上がりが早く見たかったので、私もかなり気を使いながらクッションを入れてみました。完成。

裁縫上手スティックを使ったクッションが完成しました。

スポンサードリンク

裁縫上手ステック

裁縫上手ステック 

裁縫上手はボンド型のヘラで伸ばして使うタイプが最初に出ましたが、

その次に出たのがこのスティックタイプです。

裁縫上手ステック

見た目も使った感じスティックノリそのものです。中のボンド部分が固形になっていて、

付けたい部分につけていく感じです。

裁縫上手ステック クッション作り方

手も汚れずにかなり楽に使うことができます。
コニシ ボンド 裁ほう上手スティック 布用ボンド 6ml KB5748

裁縫上手の値段

裁縫上手は大きく分けて2種類あります。

ボンドタイプの最初に販売された裁縫上手 ボンドタイプにになっていて、付属のヘラで伸ばしながら使うものです。

(裁縫上手の値段 2018年9月現在の値段なので変動はありますが参考に)

楽天でも販売されていますが、送料が…ネックかな。ざっと見た感じ

17グラムで300円から500円くらい。

45グラム400円から900円くらい

スティック 300円から400円くらいかな。

裁縫上手 17グラム

裁縫上手 45グラム

裁縫上手 スティック

アマゾンはどうだろ。

45グラムは参考価格824円 565円

17グラム 参考価格432円 253円

ステック 410円になってます。
コニシ ボンド 裁ほう上手 45g 05371

裁縫上手の強度

今回裁縫上手ステックでクッションを作ってみて作って12時間後くらいに、

ボンドを塗った部分を引っ張ってみました。しっかりくっついててクッションを簡単に
作るには裁縫上手はありだなぁって思いました。

縫う時間ない場合や急にスカートやズボンの裾がほつれたりした場合にも使えます。

スーツやドレスにはしみになる恐れがあるので、使わない方がいい場合がありますが、

素材によっては便利です。
裁縫が苦手な人に、布を使ったハンドメイドや修繕がが気軽にできるのがいいですね。

ただあまり過信しすぎるとあくまでボンドなんで取れてしまうのも心配なので、

もし取れてきてしまっても、気にしないで、また裁縫上手で付けなおすくらいの気持ちでいればいいと思います。

裁縫上手で接着できないもの

薄手の生地(しみの原因になります) 撥水加工などの特殊加工を施した生地・

凸凹のある生地・毛足の長い生地・ポリエチレン・ポリプロピレン・シリコーン樹脂・

フッ素樹脂・貴金属 高価格品(スーツ・ドレス等)

裁縫上手で簡単クッション作り最後に

作ってみて思ったのは、裁縫上手がかなりしっかりくっついていることです。

私は縫物をするので、あまり裁縫上手を使ったことがなかったのですが、

使ってみて、かなり、楽につくれるのには驚きました。

おまけに出来上がりが縫い目がない分とても綺麗なんです。

裁縫上手は最初に出たボンドタイプでヘラで伸ばして使うものも使ったことがあるのですが、

スティックタイプがかなり扱いやすかったです。手も汚れないし

スティックノリのようになっていて、縫い代部分に塗ってくだけ。お家に一本常備しておいてもいいですね

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る