バテンレースの手縫い縫い付け方

バテンレース縫い付け

レースにもいろいろありますが、その中でも雰囲気があるモチーフバテンレース
作品のワンポイントなどに使えて便利です。

スポンサードリンク

バテンレース縫い付けに用意するもの。

バテンレースと縫い糸
縫い糸(バテンレースに色を選びます)
縫い針
まちばり
バテンレース(100均の物を使いました。)

100均で扱っているバテンレースを使ってみました。
糸が目立たないように同系のピンクの糸を使っています。

バテンレースの縫い付ける場所を決め待ち針で留めます。

なるべくいがまないように定規などで図ってバテンレースを縫い付ける場所を決め
まちばりで留めます。

まちばりを留めてみて、縫いにくそうなら、安全ピンなどで数か所留めたり
しつけ糸でしつけをしてから縫うと縫いやすいです

バテンレースをたてまつりで縫い付けます

バテンレース縫い付けはじめ
表からまつるのでたてまつりで縫い付けます。
縫いやすいところから縫いはじめ針は一本どり
縫いはじめはレースの後ろからぬいはじめ針を出します。

c656g
縫目が同じ間隔になるように、まつっていきます。
バテンレースまつり縫い裏
たてまつり裏から見た感じです。

最後は布の裏で、玉止めして終わります。

バテンレースの手縫いでの縫い付け方最後に
バテンレース手縫いつけ

バテンレースを付ける位置やゆがまないようにすることや、同系色の糸を使うことなど、
少しの事に気を遣えば、きれいに縫い付ける事ができます。
バテンレースは ハンドメイド小物などを作ったときにつけると、とてもかわいくなるので
手元に数種類や、数枚持っておきたい副資材です。いろんな種類のバテンレースを見ているだけで
作品の創作意欲がわきそうです。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る