リメイクで作るティシュボックスカバー

頂き物の夏用のキャミソール。
中心にはボタンがついているのでかわいいのだけど、ちょっと私自身は着れないかな。
なのでリメイクしてみることに。このボタン部分を利用して、ティシュケースを作ってみることに
しました。

 

スポンサードリンク

リメイクキャミソールのデザイン

キャミソールリメイク作品

胸元はギャザーが入っていて、中心はボタンで留めれるようになって
います。
ウエスト部分には紐が入っていて、
ひっぱるとギャザーが入りとてもかわいらしいデザイン。
布も小さい花柄とドットが入っていて、少しオレンジっぽい
感じの色合いです

中心のボタンをティシュの取り換え部分に使って、
縫う部分は四方だけにして簡単に作ります。

ウェスト部分の紐を取っておいて、本体をひっかける、部分に使いたいと思います。

 

リメイクキャミソールを裁断

キャミソール ティシュカバーリメイク

布がなるべく、しわにならないようにおいて

型紙なしで直接ティシュボックス(ちょうどボックスタイプがなかったので袋タイプを使っています)
を中心に置き、
側面の高さを大体の縫い代の目分量として決め、線を引きました。

胸元のギャザー部分がかわいいのでその部分は使うことにします。

洋服リメイク ティシュカバー

2枚の重なりをはさみで切りました。
洋服リメイク ティシュカバー

縫います。

布を中表にします。

ティシュボックスに紐をつける場合、
利用できる紐があったので利用しましたが、
ない場合、キャミソールで紐を作るか、
面倒な場合はレースやリボンなどを使ってみてください。

裁断の時は、多めに縫い代を取りました様子を見るため、
端から1cmの四方を縫います。

縫うところにボタンがあった場合は、
その部分のボタンは取り外して縫ってください。

リメイク ティシュカバー

表返してティシュボックスを入れてみると、
やはり少し大きめだったので、下部分をあと3cm縫いました。

その辺は自分で調節してみてください。調節して縫ったら

回りをジグザグミシンで処理します。
リメイクティシュカバー

リメイクのティシュボックスカバー完成。

上部分にフリルの部分が来るようにして、
紐をつけています。
ティシュボックスの交換は、ボタンをそのまま使えるので
便利です。

リメイクで作るティシュボックスカバー

リメイクの良いところは、布を買う必要がなく新しい布小物などを作ることができるので
布の費用が節約できたり
既製品の洋服は、デザインが凝ったものもあるんで、
その部分をうまく使ったり生かせることができれば、手軽に、凝った作品を作ることが
できます。縫う部分が少ないので、手縫いでも大丈夫です。

何が作れるだろうと想像したり、
イメージしたり、考えることで、自分だけのオリジナルのリメイク作品が作れます。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る