大小の袋を分けて入れれる布レジ袋ストッカー作り方

ゴミ袋ストッカー作り

今までは、100均の入れ物にいれていたのですが、
大きい袋と小さい袋を分けて入れたいし、布小物で作ってみたくなったからです。

口部分は二つ作り大きい袋と小さい袋を入れれるように作りたいと思います。

スポンサードリンク

レジ袋ストッカーの作り方

材料 布 40cm×74cm
平ゴム・リボン・ボタン
レジ袋ストッカー大きさ
布は縫い代なしで40cm×74cmを裁断します。

74センチ側を半分に折り わ にして
40センチの部分を縫います。
縫いどまり図

脇部分40cmを縫います。縫い代1cmつけ
最初に3cm縫い、2cm開けて縫います。(返し縫いをする)

縫い代ジグザグミシン

縫ったら縫い代をジグザグミシンで縫い、

アイロンで割ります、

縫い代アイロンで折る

ゴム通し部分3センチアイロンで折り上げます、

縫い代アイロンで三つ折り

折った部分さらに1cm折り込みアイロンで押さえます。

三つ折りアイロン

袋口部分も三つ折りにしてアイロンをかけて押さえて、

縫います。

ハンドメイド小物作り方

表返し、袋を二つに分けるため、中心縫います。

袋口から縫い、ゴム通しの上部分まで縫います。(ゴム通し部分は縫わない)

袋口部分

レジ袋ストッカーを掛けるためのリボンをつけます。袋口も少し開いた状態にするため、

中心から3cmずつに印をつけ、リボン差し込み縫います。

 

袋口部分リボンを挟む

袋口部分リボンを挟む

布小物ゴム通し
ゴム通し部分にゴムを通します。

飾りリボン作り方

飾りリボンを作ります。

①リボンを中表にし わ にして縫い付けます。
②表返します。
③りぼんらしい形にするため、中心を縫い留めます
④中心に飾りのボタンを縫い付けます。

ゴミ袋ストッカーに縫い付け完成です。

まとめ

ハンドメイドレジ袋ストッカー作り方
キッチンの布小物の仲間としてゴミ袋ストッカーを作りました。
口がふたつあるので、大小と分けて入れれるようにしています。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る