使い道がないと思っていた作業着のリメイク

リメイク作業着

父に頼まれ、道具入れを作りました。
頼まれたのは、縦長の道具いれなのですが、
古い作業着があるのでそれで作ってほしい
重い物を入れるのでなるべく、頑丈にすること。

可愛いとかおしゃれとか全然関係のないリメイクですが
あるもので作るので割と楽しく作れました。
なにより作った時に喜んでくれるのは本当にうれしかったです。
作業着を使ってでのリメイクも初めてだったのですが、
気が付いたことをブログにまとめておきます。

スポンサードリンク

作業服をリメイク

作業着のリメイクというとおしゃれ要素とか遠く
汚れもあるので、今までリメイクの対象として考えたことがなかったのですが
父のような使えたらいいという考えもありですね。
作業服はわりと厚手の生地でしっかりしているので
リメイクとしてカバンなどを作るには向いていました。

型紙なし そのまま使える部分を裁断

リメイク裾部分
作業服の上着で作ったのですが、
使えたのは、広い背中部分の生地と、
袖部分の生地でした。袖部分はカットしてから開いて、
2枚を縫いつなぎ一枚の生地にしました。
背中部分一枚と腕2枚繋いだ一枚を使って大体の大きさを縫います。

布端の処理

リメイク布端処理
重い物を入れるので、縫ったところを2回縫い、
布端は、ジグザグミシンで処理しました。

重い物対策の丈夫な紐

リメイク紐部分
重い物を入れるので、両端を縫う前に手持ちの紐を直接布に縫い付けます。
出来ればリメイクする洋服で紐部分を作れればよかったのですが、
あまりにハギレすぎるし、強度がいるとのことだったので、
縫いつなぐより、紐を使った方が丈夫になると思い、
紐を縫い付けました。

リメイク

今回作業服をリメイクしたのですが、意外に使えるものになってくれて良かったことと、
使い道がないように思えた作業着が別の物となり、
父がそれを使ってくれていることで、価値が出ました。
リメイクは、布を切る時勇気がいりますし、
失敗してもいいや・・という気持ちではさみを入れています。
洋服などのリメイクは、考えながら作るので面白いですし
生地代が浮くので布代の節約にもなります。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る