母の日のプレゼント ハーバリウムを手作りしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ハーバリウム手作り 

今年の母の日のプレゼントはハーバリウムをプレゼントしようと思い作ってみました。
毎年アジサイや、カーネーションなどのこの時期の生花をプレゼントしているのですが、
今年は、ハーバリウムを作ってみることにしました。

毎年、花の日に何をプレゼントしようかとお悩みの方はハーバリウムはいかがですか?

スポンサードリンク

ハーバリウムとは

ハーバリウムとは、もともと植物の標本のことで、
最近では、よくお店などでも見かけるようになったものは
インテリア感覚で瓶の中に、ドライフワラーと専用のオイルを使い作っていきます。

ハーバリウムとっても簡単に作る事ができます。
瓶の中に入れるドライフワラーや、オイルと瓶を買って
入れるだけなので簡単に作れました。

スポンサードリンク

ハーバリウム作りの材料

お店などで購入したもの
(蓋がきっちりしまるもの)
専用オイル
ドライフラワー・ブリザードフラワー・シサルなど

自宅で用意したもの
はさみ
専用のピンセット(私は今回購入せず。自宅の短いピンセットで代用)
下に敷く(オイルがこぼれたり、ピンセットの先にオイルが
つくと、べたべたするので)
あとティシュや、ウエスなどがあれば便利です。

ハーバリウムオイル

ハーバリウムオイル

瓶の中に入っているオイルです。

安く作るなら、ベビーオイルを使ったり洗濯のりを使ったりと聞いたことがありますが、

お値段を抑えるならいいとは思いますが、

プレゼントですし、専用のオイルですので、透明度が高く綺麗に出来上がります。

これもう少し安くなってくれたらありがたいのですが結構お値段します。

ハーバリウムオイル一本1300円くらいしました。

 

ハーバリウム瓶

ハーバリウム瓶
プレゼント用には、ちょっと少し大き目、自分用に作るには小さめの瓶を購入してきました。

ハーバリウムの瓶はしっかり蓋がしまるものを選びます。中のオイルがこぼれたら大変なので。

手持ちに瓶がある場合は、綺麗に洗いよく乾かしてから使ってください。

ハーバリウムの中に入れる花材

ハーバリウム材料

ピンクのアジサイはブリザードフラワーです。
赤い小さいバラのつぼみもかわいくて購入
色ろりどりのものはシサル(麻に色がついたもの)

選ぶのも楽しいです。作りたい雰囲気の花材を考えながら、シサルを入れると、花材が中でひっかかるので、

花材が浮いてくるのを少し防いでくれました。

 

ハーバリウム作り

下に大き目の紙を敷いて、瓶を用意して、最初に入れる花材などを決めます。

少しお花とかされている方はイメージされやすいかもしれませんが、

瓶の空間の中に花を入れるので、花を詰込みすぎず、空間を大事にする感じです。
背の高い茎のあるものや、シサルは最初の方に入れました。

次に、アジサイや小さな花を入れて、三分の一ほどオイルを入れて様子をみます。

それからまた花材を入れ、オイルを増やしていって、
いっぱいになったら、瓶の蓋をしめます。瓶の蓋部分やオイルがこぼれていたら蓋をしめる前に拭きます。

すみません。画像取るの忘れたので、また作る機会があれば、差し替えます。

 

ハーバリウム完成

ハーバリウム母の日プレゼント

タッセルは100均のタッセルメーカーで作りました。

私は瓶のところに、タッセルを作り飾りましたが、

綺麗なリボンなどを結んでもかわいいです。

 

薇のつぼみを入れたハーバリウムは違う作り方をしました。

ハーバリウム 薔薇つぼみ

この中で、バラのつぼみの扱いがとても難しく、
下の方に入れていってもぷかぷか浮いてきて困りました。
ネットで調べてみたら、
専用の作り方があるようで、バラのつぼみだけは、違う作り方をしました。


このサイトさんを参考に

ハーバリウム 薔薇のつぼみ

この中にはセロハンを入れグルーガンでバラを留めているのですが、ハーバリウムオイルを入れると見えなくなり、
薔薇のつぼみも浮いてこず固定されています。
チャームに使っているのはレジンで作ったものです。かなり初期に作ったものがあったので

使ってみました。
レジン作り初期の作品も残しておこうと思います。

UVクラフトレジンで作るかんたんアクセサリー&コラージュ (レディブティックシリーズno.3383)

 

 

母の日のプレゼント ハーバリウムを手作りしました最後に

ハーバリウム作りはとても簡単で、綺麗にそして 楽しく作る事ができます。

花の配置などを考えながら出来上がりを想像しながら作る工程や、

出来上がりの綺麗さや見ているだけで癒される感じがとても好きです。

簡単にできるので、子供さんともハーバリウム作りできますね。

また機会があればハーバリウム作りたいと思っています。

 

ツイートツイート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る