アップリケ作り方

アップリケ仕方

アップリケは土台布に、好きなモチーフを布で縫いつけます。
図案などは市販の本や、絵本などからも、写したり、

絵柄やキャラクターなどはハンドメイドのワンポイントとしてや、
子供さんの洋服のポイント・穴の開いたズボンなどにも使えますね。

スポンサードリンク

縫い代をつけたアップリケ作り方

アップリケ

アイロンで縫い代を折る場合

①図案から型紙をとり布の裏にしるしつけをし3~4ミリほどの縫い代をつけカットします。
土台布にも、ラインを書いています。

②周りをしつけ糸でぐし縫いし、型紙をいれ、糸を引き
型紙のカタチに整えて表からアイロンで縫い代を内側にアイロンで押さえる。

③型紙を取ります。

④縫い方 たてまつりでぬいつけます。

針で折り込みながら縫う場合

アップリケ仕方アップリケ仕方
① 図案から型紙をとり、布の表にしるしつけして2~3ミリほど縫い代をつけて裁断します。
土台布にも、ラインを書いています。

②針先で縫い代を折り込みながらまつりり縫いしていきます。

フリーザペーパーを使う場合。

パッチワーク教室で習った方法ですが、
接着芯のように、片側にアイロンをすると接着できる紙(フリーザペーパー)を使います。

①図案をそのフリーザーペーパーに写し切り取りアイロンで布に接着し
縫い代を2~3ミリほどつけて裁断します。

②フリーザーペーパー側を下にして、針先で折り込みながら土台に縫います。

③フリーザーペーパーが入っているので縫いやすいです。
縫ってから、裏から、布に切り込みを入れフリーザーペーパーを取り出します。

縫い代なしのアップリケの作り方

洋服の補修用などで自分の使いたいアップリケがない場合手作りで作れるので便利です。

アップリケ仕方
布に接着芯をアイロンでつけ図案を写します。縫い代なしでそのままカットします。

接着芯は接着面に気をつけてアイロンするようにしてください
アップリケ仕方アップリケ仕方
ミシンで縫う場合は細かくジグザグ縫いして土台布に縫い付けます。
アップリケ仕方アップリケ仕方
手で縫う場合は、ブランケットステッチで縫い付けると見栄えもよく仕上がりますが、

そのまま手縫い糸で細かくまつり縫いしてもできます。

 

市販のアップリケ

いわゆるワッペンです。
アイロン接着できる物が多いです。
時間のないママさんにぴったりですね。
子供さんにも喜ばれるキャラクターのワッペンなどが豊富です。

小さい子供さんはお洋服によく穴とかあけてしまうので、補修用に
最適なんですが、キャラクターものはお値段も高い場合が多いです。
よく洗ったりする場合取れてしまう心配がある場合
手で縫い付けるなどして直接縫い付けるほうが安心かもしれません。

ツイートツイート

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る