マグネットボタン付け方

マグネットボタンパーツ

カバン作りなどによく使われるマグネットボタンの付け方です。
中に磁石が入っていて磁石でくっつけることが出来る便利な物なので
よく市販のバッグやハンドメイドのバッグなどでも使われています。
今、バックを製作中なのですが、マグネットボタンを付けることにしたので
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

マグネットボタンのパーツ

マグネットボタンパーツ
マグネットボタンは、凸と凹の部分と、二つの金具がついています。
これで1セットとなり、使うことができます。

ボタンは、凸した方が上、凹の方が、下につけるのが多いようです。

 

マグネットボタンの付け方

爪部分を折るタイプのボタンの付け方なので作る工程で付けます

付ける布裏に接着芯をつけ印を付けます。

マグネットボタン付け方

マグネットボタンの周りだけ接着芯をつけていますが、
縫い代以外の全体の接着芯を付けたほうが生地がしっかりする感じです。
付けたいところに差し込む金具を置いて、穴をあけるところに
チャコペンなどで印をつけます。
マグネットボタン付け方
印を付けた場所に丁寧にはさみで切り込みを入れます。
表側から磁石ボタンの爪部分を差し込みます。

マグネットボタン付け方

差し込んでから爪部分を外側に折り曲げます。
磁石ボタンマグネット付け方

磁石ボタンの爪を折り曲げた状態。

二つで一セットになります。

磁石ボタンマグネット付け方

表から見た状態。これで磁石ボタンがついていますので、裏布をつけて仕立てます。

マグネットボタン付け方 布の中

仕立てた状態、内側からみたらこんな感じです。

針と糸がいらないので簡単につけることが出来るし
付けた出来上がりも見えなくなるので綺麗なのが特徴です。

出来上がってから付ける場合は縫い付けるタイプのマグネットボタン
が付けやすいです。

縫い付けるタイプのマグネットボタン

マグネットボタン縫い付けタイプ

縫い付けるタイプのマグネットボタンを付けるのは普通のボタンと同じように
縫って付けます
数か所穴があるので針と糸で縫い付けていきます。

マグネットボタン付け方最後に

マグネットボタンは、とても便利なボタンなのですが、
磁気がありますので、カード類などと接触するとカードの磁気が悪くなる場合があります。
私は、クレジットカードなどもよく使うので、大き目のバッグなどには、マグネットボタンを
使わないものを使っていますが、
小物のキーケースなどはマグネットボタンがついたものを使っています。今のところカードに影響は
ないので接触に気をつけると大丈夫です。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る