マジックテープつけ方

マジックテープバリバリ側

マジックテープはクラレの登録商標されているもので
私が購入した100均ではファスナーテープという名前で
売られていました。

布に張り付けたりはがしたりできる便利なので、
ハンドメイドの小物作りにもよく使われます。

粘着するもの(アイロンでつけるもの)と、縫い付けるものがありますが、
粘着するものは、何度か使っていると外れてくる場合や、
ミシンなどで縫い付けても、粘着部分で、ミシンの針に粘着部分が
ついてしまう場合がありますので
ミシンを使う私は縫い付けタイプを使っています。

スポンサードリンク

 

マジックテープ・ミシンで縫う場合、

マジックテープバリバリ側
フック部分(バリバリした方)ループ部分(ふわふわした方)とがあり、
作る小物によって関係ない場合もありますが、
肌に触れる小物を作る場合など土台側をバリバリした方
かぶせる部分はふわふわした方を縫いつけます。
バリバリした方を雄 柔らかい方を雌と表示するようです。

今回はシートベルトカバーを作ったので、バリバリの方を下にしました。

まち針の代わりに、セロハンテープで仮止めしました。
フック部分が接触するところは糸が切れる心配があるので
あまり縫い目を細かくせずに、少し大き目にして、ゆっくり縫うようにしました。

マジックテープバリバリ部分

それでも心配な場合は、接触するフック部分をはさみでカットしておきます。

マジックテープ ふわふわ側

ふわふわした方はひっかかりがないのでそのまま端を縫います。

マジックテープ・手縫いで縫いたい場合。

マジックテープ手縫い
ミシンが手元になく手縫いの場合だと、縫うのが固くてふつうのなみ縫いは難しいので
指ぬきやシンブルで針を押しながらまつり縫いで縫います。

こちらもセロハンテープで数か所仮止めして縫っています。
手縫い痛いとき指ぬき
針を押し出す時に当たる部分に
指ぬきかシンブルを使い針を後ろから押し上げるように1針1針縫い進めます。

粘着タイプのマジックテープ

私はミシンか縫う方がきっちりしててすきなのであまりアイロン接着のマジックテープは使わないのですが、
粘着タイプのマジックテープの紹介もしておきます。

ミシンがけは出来ないとか手縫いはちょっと・・・と思っている方や、

マジックテープの付け外しがあまりなく、つけたまま。。。という場合は、
便利なので使ってみてください。 

使う分を切って、生地の上に置き、当て布をして、製品の適正温度と秒数をまもり、
アイロンをします。アイロンをした後、熱が冷めるのを待ちます。

簡単に付けることができますね。

 

マジックテープつけ方最後に

何度か使っているうちにフック部分などにごみなどがついたりしてきて、
だんだん張り付けの力が弱くなったりします。
でもマジックテープを使うと、張り付けやはがしたりするのは楽にできますので
それらも考慮しつつ、ハンドメイドでいろいろ使ってみたいと思います。

ツイートツイート

関連記事

ページ上部へ戻る