ゼッケン付け

ゼッケン縫い方

子供が家にいて、意外につける機会があったゼッケン。
クラブとか、運動の大会などでつける機会がありました。
ゼッケンもいろいろつける方法が付ける方法は学校違うとおもうので、
それに合わせるようにします。
ゼッケンをつける参考にいろいろまとめてみました。

スポンサードリンク

 

たてまつりでゼッケンを縫い付ける

ゼッケンの縫い代を1cmほど内側に折り(アイロンなどで)
たてまつりでまつり縫いする方法。
縫い糸でまつるのでしっかりつけることができます。

スナップボタンでゼッケンをつける

クラブでは、試合用のウェアにスナップボタンでつけるように指示があり、
取り外し可能にして何度か、試合に出るたびに使いました。
洗濯するときは、ゼッケンだけとりはずし洗濯出来きます。
専用の試合ウェアを用意して、試合の時そのゼッケンを付けて
試合するという感じでした。
スナップボタンの場所は四隅の四か所につけ、場所はゼッケンを置いて
確認しながら縫い付けました。

簡単に縫い付けゼッケン

家で使うゼッケンは、一日で役目を終えてしまうものなので
あまりしっかり縫う必要がありませんでした。
学校の指示は簡単につけておいてくださいだったので
とりあえず一日持てば良しとして、ある程度しっかりさせて
でも取る時はさっととれるようにつけています。
だからしっかりつけたい場合のゼッケンつけにはむきません。

使う糸はしつけ糸としつけ針を使いました。
簡単に取り外しできるようにしつけ糸を使って縫い付けました。
しつけ糸は引っ張ると手で切る事ができるので、使った後に、ゼッケンを取る時に、
はさみを使わずに取ることができます。

縫い方ですが、これも取り易いように、ざっくり縫いました。
しつけ糸で縫うのでほぼしつけに近い縫い方です。
でもざっくり縫うと表に縫目が出てしまうので、
少ししか表から縫目が見えないようになる縫い方です。
ゼッケン縫い方
四隅は、表が L になるように、返し縫などをして縫い進めています。
我流の縫い方なのですがこんな感じ

 

ゼッケンつけ最後に

子供がいると時々しなくてはいけない縫い物の中に、
ゼッケンつけがありました。
参考程度にみていただけるといいと思います。

ツイートツイート

関連記事

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る